くるくる!クルマ業界裏話

クルマに関する裏話をコソーリ教えるブログです


▲車検証、保険証券をお手元にご用意下さい▲

 

 

最高速度750km/h!?ドイツの威信をかけた車開発の裏話

こんにちは、くるまるです。

今回もポルシェ博士の功績についてです。

 

ポルシェと聞いて真っ先に思いつくのはスポーツカーでしょう。

第二次世界大戦後、ポルシェ博士の息子フェリー・ポルシェによって作られたポルシェ356やポルシェ911は現在のポルシェ社における車にもその技術やデザインの面影を色濃く残しています。

 

f:id:kinda_ou:20170209224340j:plain

 

もちろん、息子フェリー・ポルシェが356や911を作る以前、ポルシェ博士は数々のスポーツカーやレーシングカー、さらには世界一の最高速を目指した車の設計、制作に関わっています。

それではお話を進めましょう。

【目次】

 

レースカーを設計、自分で運転していたダイムラー時代

フェルディナンド(ポルシェ博士)の開発した電気自動車とハイブリッド自動車に関係するローナー社の特許が1906年にダイムラー社に譲渡されました。

 

ダイムラー社はローナー社から部品供給をしてもらい、トラックやバスといったハイブリッドカーを製造しています。

 

同じく1906年にフェルディナンドもローナー社を退職して、ダイムラー社のオーストリアにある子会社『アウストロ(オーストリア)・ダイムラー』に身を移し、

テクニカル・ディレクターという地位は自動車設計を統括する地位に就きます。

 

ダイムラー社はこの時ヨーロッパ最大級の自動車メーカーですから、若干31歳でこの地位に就いたフェルディナンドの天才っぷりがうかがえます。

 

1909年には「マヤ」というレースカーを制作、自らハンドルを握ってプリンツ・ハインリヒ・レースというレースに出場し、見事優勝を飾りました。

 

Maja austro-daimler

▲アウストロ・ダイムラー・マヤ

出典:Wikipedia

 

ちなみに息子のフェリー・ポルシェはこのプリンツ・ハインリヒ・レースの最中に生まれ、フェルディナンドは息子が生まれたことを電報で知ります。

 

f:id:kinda_ou:20170209231928j:plain

 

翌年1910年にもプリンツ・ハインリッヒ・レースで優勝。

このプリンツ・ハインリッヒ・レースは毎年コースが変更される長距離レースで、1910年のレースは1945kmにも及んだそうです。

 

レースの功績以外にもオーストリア軍のラントヴェーア大佐からのアイデアをもとに、後に「ラントヴェーア・トレイン」と呼ばれる「オーストリア・ハンガリー電車」を開発しました。

 

https://photos.stuttcars.info/upload/2011/11/10/1913-landwehr-train-copyright-porsche.jpg

▲オーストリア・ハンガリー電車

出典:www.stuttcars.com

 

フェルディナンドが開発したハイブリッドシステムを活かしたその電車は、先頭車両のエンジンで発電し、後続するすべてのトレーラー車の動力に伝導されて駆動し、列車を動かすというものでした。

 

ラントヴェーア・トレインは電車とは言ってもソリッドゴムのタイヤを装着して道路を走れるようになっており、特別なステアリングシステムによって、町や山を通る狭く曲がりくねった道路でも6台までのトレーラーを正確に進ませることができました。

 

さらに、ソリッドゴムのタイヤに鉄製のディスクをボルト固定することで、鉄道の線路も走行することができました。

 

鉄道として使用する場合は最大10台のトレーラーを使用できたようです。

 

こうした実績もあり、1917年フェルディナンドは、

アウストロ・ダイムラーのゼネラルマネージャー(日本の会社で言うと部長ぐらい)になり、オーストリア皇帝より勲章が授与され、ウィーン工科大学から名誉博士号を授与されています。

 

 

大排気量から小排気量レースカーの時代へ

1906年フランスで発祥したと言われるグランプリレースはその後、参加する自動車メーカーが開発を勧め、自動車の高速化が急激に進みました。

ここで、安全を期するためにフォーミュラ(規格)が設けられました。

これが現代のフォーミュラ1に至るまで様々なルールが更新されているというわけです。

1906年には車体重量を1000kg以下とだけ定め、大排気量エンジンの搭載を規制しようというものでした。

1914年になると初めて排気量が規制されて4500cc以下のエンジンを搭載する規格になります。

このことは限られた排気量で最大限の出力向上を図ることが自動車エンジニアの課題となりさらなる技術発展を進めました。

 

そして1922年には排気量2000cc以下、車重650kg以下という規格が定められ、

 

1922年 フェルディナンドは裕福なオーストリアの映画製作者、サッシャ・コロラトの資金提供の元、『サッシャ』という1100ccの小さなレーシングカーを制作しました。

 

AustroDaimler Sascha

▲アウストロ・ダイムラー・サッシャ

出典:Wikipedia

 

 『サッシャ』は同年、イタリアのシチリアで開催された、タルガ・フローリオ・レースで見事第1位と第2位を勝ち取りました。

 

 

ダイムラー本社への栄転とドイツでの博士号授与

 翌年の1923年 フェルディナンドはドイツにあるシュトゥットガルトのダイムラー・モトーレン・ゲゼルシャフト(ダイムラー社の本社)に、テクニカルディレクター、そして役員として招かれました。

 

ダイムラー社とベンツ社は1924年に合併して、『ダイムラー・アンド・ベンツ社』が誕生。

 

ちなみに『メルセデス』は車やエンジンのブランドネームのようなもので、ダイムラー社に出資したオーストリア人から、娘の名前である『メルセデス』を開発した車やエンジンに付ける事が出資条件だったようです。

 

同年1924年のタルガ・フローリオ・レースではフェルディナンドが設計した『メルセデスPP』が優勝しました。

 

https://photos.stuttcars.info/upload/2011/11/10/1924-targa-florio-2-copyright-unknown.jpg

▲メルセデスPP

出典:www.stuttcars.com

 

メルセデスPPは2,000ccエンジンにスーパーチャージャーを装備して

126馬力 / 4500rpm、重量921kg、最高速度120km / h

とスペックだけ見れば現代の自動車としても遜色のないものが完成しています。

 

 

 

この車の功績はスポーツカー界のみならず学界からも高く評価され、

フェルディナンドはシュトゥットガルト工科大学からも名誉工学博士を授与されました。

 

次に『メルセデス・モンツァ』という新しいレーシングカーの導入をさせました。

 

https://photos.stuttcars.info/upload/2011/11/10/1924-mercedes-monza-copyright-daimler.jpg

メルセデス・モンツァ

出典:www.stuttcars.com

https://photos.stuttcars.info/upload/2011/11/10/1924-transporter-copyright-daimler.jpg

メルセデス・モンツァをレース場に運ぶ『トランスポーター』の様子

出典:www.stuttcars.com

 

メルセデス・モンツァはメルセデスで初めて8気筒エンジンを搭載したレースカーで、

2000ccのガソリンエンジンにスーパーチャージャーを搭載。

170 馬力 / 7000rpm、重量780 kg

最高時速はなんと180 km / hです。

 

さらに1927年にはドイツのニュルブルクリング・グランプリでメルセデス・ベンツのレーシングカー『Sシリーズ(S26/S120/S180)』を投入。

1-2-3位を独占しての勝利をおさめました。

 

https://photos.stuttcars.info/upload/2011/11/10/1927-nurburgring-copyright-unknown.jpg

メルセデス・ベンツ・Sシリーズ

出典:www.stuttcars.com

 

翌年の1928年もニュルブルクリング・グランプリでもメルセデス・ベンツは1-2-3位を独占します。

この時出場したレースカーは『SSシリーズ(SS27/SS140/SS200)』と呼ばれ

『Sシリーズ』よりも強力なバージョンです。

「S」は「スポーツ」を表し、「SS」は「スーパースポーツ」を表すものでした。

 

1928年にSSのショートバージョン『SSK( SuperSports Kurz)』も導入され、さらなる更なる出力向上とと192km/hの最高速度を誇りました

 

 

ダイムラー・ベンツ社との確執

1910年代から1920年代ごろは第一次世界大戦に敗れたオーストリア=ハンガリー帝国、ドイツ帝国が崩壊し、人々は貧しい生活を強いられました。

 

こうして起こった不景気をみて、フェルディナンドは小型車が市場に求めれると考え、ダイムラー経営陣に対して小型車の開発を提案していましたが、提案を受け入れられたことはありませんでした。

 

その上で、イタリアグランプリでドライバーが死亡する事故が発生してしまい、ダイムラー社の経営陣は事故の責任をフェルディナンドに押しつけ、それ以降のレース参戦の禁止を言い渡したのでした。

 

これにフェルディナンドは非常に怒り、1928年ダイムラーを退職しました。

 

ダイムラー・ベンツを辞職すると、チェコの自動車メーカーである『タトラ』と、オーストリアのメーカー『シュタイア』から早速誘いを受けます。

1929年シュタイアのテクニカルマネージャーとなり、その後わずか10週間で2,000cc6気筒エンジンを積んだ車両「タイプ30」を完成させます。

この車はシュタイアの主力生産車になりましたが、シュタイアの経営状況は悪く、後にアウストロ(オーストリア)・ダイムラーに吸収合併されることになります。

経営体制が嫌で辞めたダイムラー社の傘下で働く気にもなれず、フェルディナンドは独立を決めます。

 

 

会社設立と独立

フェルディナンドはシュタイアからの退職を期に、シュトゥットガルトの中心部に1931年フェルディナンド・ポルシェはデザインやエンジンや車両のコンサルティングの会社

有限会社ポルシェを設立します。

(hc F. Porsche GmbH,Konstruktionen und Beratung für Motoren- und Fahrzeugbau)

 

同社は、弁護士の『アントン・ピエシュ』とドイツグランプリでメルセデス・モンツァを優勝に導いたレーシングドライバー『アドルフ・ローゼンバーガー』とによって共同設立されました。

 

この頃には息子『フェリー・ポルシェ』もボッシュ社(Bosch)のでっち奉公を終えて、フェルディナンドと一緒に働き始めています。

 

様々な自動車メーカーから依頼を受けて自動車やエンジンを開発する一方、フェルディナンドはリアエンジン、リア駆動式というレイアウトが理想的だと考え、流線型小型大衆車の開発を独自にしていました。

ですが、協力するメーカーが現れず、独自の研究は資金難によって中断されてしまいます。

 

これが後のフォルクスワーゲン開発に反映されたのは言うまでもありません。

 

そして1931年には、「ポルシェ式独立懸架」という名前でトーションバー・サスペンションが特許として登録されています。

 

 

フォルクスワーゲンとは別の依頼

1933年アドルフ・ヒトラーからフォルクスワーゲンの設計を依頼されました。

ようやく、ずっと思い描いてきていたリアエンジンリア駆動式の大衆向け小型車を豊富な資金で開発するという、またとないチャンスにフェルディナンドは飛びつきます。

 

このお話はこちらで詳しくさせて頂いてます。▼

www.xn--u9j447x39aexi.com


実はフォルクスワーゲン計画と同時期にヒトラーからはもう一つ依頼を受けています。

ヒトラーの国外情報戦の方針はドイツの技術の高さを外国に示すことでした。

 

その為にはレースの世界でもドイツの車技術を見せつけ、

グランプリで優勝しなくてはいけません。

 

f:id:kinda_ou:20170209213841j:plain

 

ヒトラーの資金援助を受けた『アウトウニオン(後のアウディ)』からレーシングカーの開発を依頼され、ミッドシップ方式のレーシングカー『Pワーゲン』(ワーゲンは車という意味なので“ポルシェの車という意味でしょう)を開発します。

 

同時期にレース活動を止めていたダイムラー・ベンツ社もヒトラーからの援助を受けて

レーシングカー『メルセデス・ベンツ・W25』を開発。

 

豊富な予算と高度な工作技術を投入したこの2つのレーシングマシンは、軽量な車体にで高出力エンジンで次々とレースに勝ち、その役割を果たしました。

 

この2台のレーシングカーはドイツのシルバー軍団とレース界では呼ばれ、

 

『メルセデス・ベンツ・W25』は

 

シルバーアロー

Mercedes-Benz W25 ringwerk

出典:Wikipedia 

 

アウトウニオンの『Pワーゲンは」

 

シルバーフィッシュ

http://porschecarshistory.com/wp-content/old/AU/10/200.jpg

出典:porschecarshistory.com

 

と呼ばれていました。

確かに魚に見えますが、ちょっとバカにされてた??

 

f:id:kinda_ou:20170209223425j:plain

 

最高速への挑戦

自動車の世界最高速記録については意外なほど早期に高速化を果たしています。

1909年ダイムラーと合併する前のベンツ社で『ブリッツェン・ベンツ』という車が完成し、1911年には228km/hを達成しています。

 

Paris - Retromobile 2013 - Blitzen Benz - 1909 - 006

228km/hを記録したブリッツェン・ベンツ

出典:Wikipedia 

 

1909年といえば日本ではやっとダンロップが進出してきて空気入りタイヤの生産がはじまった頃ですよw

 

www.xn--u9j447x39aexi.com

 

その後1925年、イギリスの自動車メーカー『サンビーム』が製作した『サンビーム350HP』で、242km/hの最高速度記録をマーク。

1927年には『サンビーム 1000 HP』で、327km/hの最高速度を達成させています。

 

Sunbeam 1000HP

 ▲327km/hを記録したサンビーム・1000HP

出典:Wikipedia

 

 

この最高速記録に挑もうとヒトラー(ナチス)が指示して製作したのが

『メルセデス・ベンツ・T80』です。

 

https://photos.stuttcars.info/upload/2011/11/11/1939-t80-3-copyright-unknown.jpg

▲メルセデス・ベンツ・T80のボディカウルを外した写真

 出典:www.stuttcars.com

 

設計、開発はフェルディナント・ポルシェ。

製造はダイムラー・ベンツ社です。

 

 

開発を開始した1937年当初は最高時速550km/hを目標にしていましたが、

 

同じく1937年ドイツで恒例のアウトバーン最高速度記録イベント『Record/Speed Week』でフェルディナンドが製作した『Pヴァーゲン タイプC』がレーシングドライバー、ベルント・ローゼマイヤーによって401km/hを達成。

 

翌1938年の『Record/Speed Week』にはオットー・ヴィルヘルム・ルドルフ・カラツィオラの『メルセデス・ベンツ・ W125レコードワーゲン』による記録が432km/hを達成。

 

そして、このドイツでの記録を破ったのが1939年イギリスのレースドライバー、ジョン・コブによる『レイルトン・スペシャル』での592km/h達成でした。

 

Thinktank Birmingham - object 1955S00519.00001(7)

▲奥に見えるのが 592km/hを記録したレイルトン・スペシャル

出典:Wikipedia

 

これを上回る600km/hに最高速度目標を設定しなおして、

 

T80の最終的な目標は750km/hとされました!

 

フェルディナンドはダイムラー・ベンツの航空用V型12気筒エンジンを改造して、

排気量を44,000cc(!)

最高出力2,500馬力以上、瞬間的には3,030PS馬力

という完全にバケモノなエンジンを用意し、

後ろの四輪で駆動する六輪車にエンジンはミッドシップとしました。

 

0.3~1.0mmの薄くて硬いジュラルミン製ボディには翼のようなものが取り付けられました。

これはもちろん空を飛ぶために揚力を生む役割ではなく、逆にダウンフォース(揚力の反対の力)を生むためのものです。

 

車重は約2,800kg、全長約8.5m。

タイヤはコンチネンタル社が700km/hに耐える7.00/32インチサイズタイヤを特別に開発したものが装着されました。

 

1939年、遂にメルセデス・ベンツ・T80は完成します。 

 

Mercedes-Benz T80 front-left Mercedes-Benz Museum

Mercedes-Benz T80 rear Mercedes-Benz Museum

▲メルセデス・ベンツ・T80

出典:Wikipedia

 

フェルディナンドは数々の最高速度記録を生み出すスピード狂の聖地

アメリカのユタ州北西部に位置するグレートソルト湖にある塩の平原、

『ボンネビル・ソルトフラッツ』で最高速を計測するつもりでした。

 

ジョン・コブの『レイルトン・スペシャル』592km/hもこのボンネビルで達成されています。(ジョンコブは第二次世界大戦後1947年に記録を634km/hに引き上げています。)

 

しかし記録テストの指導者であったナチスのアドルフ・ヒューンラインはフェルディナンドの考えに首を縦に降りませんでした。

「T80はドイツ国内のコースを走って最高速度を記録しなければならない。」

と言うのです。

 

フェルディナンドによると「アウトバーンでは道幅が狭すぎる」ということなので、

ヒューンラインはアウトバーンを改造してセンターラインのない全長10km、幅はわずか25~27 m のコンクリート製直線コースを建設しました。

 

幅25m・・・路面摩擦の小さいコンクリート・・・750km/h・・・

どれだけ恐ろしいか普通は気づくでしょうw

 

それでもナチスは記録コースに関してフェルディナンドの意見に耳を貸しません。

この特性コースを使って恒例の最高速度記録イベント


1940年1月の『Record/Speed Week』が

T80のお披露目&計測イベントとして予定されました。

 

・・・がしかし、第二次世界大戦の勃発によってこのイベントは中止。

 

T80に搭載されたエンジンも航空機用エンジンでしたから、外されて軍事航空機の方へ回されました。

 

航空機エンジンが取り外されたT80は、フェルディナンドがオーストリアのケルンテンに移動して保管していました。

T80は戦火を逃れ、現在はシュツットガルトのメルセデス・ベンツ博物館に展示されています。

 

つまり、ナチスがつまらん意地を張っていたせいで

T80は最高速度を計測することなく博物館入りしてしまっているんです。

 

こうしてメルセデス・ベンツ・T80による最高速度750km/hは幻に消えたのでした。 

 

https://photos.stuttcars.info/upload/2011/11/11/1939-t80-1-copyright-unknown.jpg

 ▲ドライバーが乗っている写真が残っているのでテストランはしてたっぽい。

出典:www.stuttcars.com

 

f:id:kinda_ou:20170209230939j:plain

 

 

あとがき

3回にわたってお話ししましたポルシェ博士でしたが、いかがだったでしょうか?

ポルシェ博士の自動車開発に対する情熱もすごかったですが、ヒトラーの車への熱狂ぶりも負けていませんでした。

また、ハイブリッドカーやスーパーチャージャーなどの今も残る技術が思っていた以上に古くから利用されていたのにも驚かされましたね。

今後も面白い自動車に関わる人物を見つけたら書いて行こうと思いますので、またぜひ読んでみてくださいね。

 

【関連記事】

www.xn--u9j447x39aexi.com

www.xn--u9j447x39aexi.com

www.xn--u9j447x39aexi.com

www.xn--u9j447x39aexi.com

www.xn--u9j447x39aexi.com