くるくる!クルマ業界裏話

クルマに関する裏話をコソーリ教えるブログです


▲車検証、保険証券をお手元にご用意下さい▲

 

 

ポルシェ博士とハイブリッドカー 日産の最新技術は115年前の技術?

くるまるです。

それでは、フェルディナンド・ポルシェ博士についてお話ししていきましょう。

 

フェルディナンド・ポルシェ
【1875年~1951年】

f:id:kinda_ou:20170108114304j:plain

 

ポルシェ博士にはたくさんの功績があるので、ジャンルに分けてお話ししたいと思います。

その中でも今回は、電気自動車やハイブリッドカーについてです。

意外に思われるかもしれませんが、電気自動車の歴史は1830年代からと非常に古く、

あのトーマス・エジソンもヘンリー・フォードに構想を語っていたそうです。

 

ポルシェ博士とハイブリッドカーについて詳しく調べているうちに、

とんでもない事実を発見してしまったので、この事もお話したいと思います。

 

ところで、

インターネット上の資料や文献によっては

フェルディナン・ポルシェと表記していることもあります。

Ferdinand Porsche

アルファベットだと『d』ですし、

ポルシェジャパンのホームページではフェルディナンドと表記されていますので、私もフェルディナンドと表記したいと思います。

フェルディナンド・ポルシェの
博士号

まず、フェルディナンド・ポルシェ博士は大学を卒業していません。

後に実用的な功績が称えられ、名誉博士号を授与しています。

  • 1917年、ウィーン工科大学から名誉博士号
  • 1924年、シュトゥットガルト工科大学から名誉工学博士号

これが大学を卒業していないフェルディナンド・ポルシェが「ポルシェ博士」と呼ばれる理由です。

 

電気についての知識

フェルディナンドは1875年9月3日、オーストリアでブリキ細工職人の家庭に生まれます。

父親は高度な技術を持つ職人だったので、その仕事を子供にも継いでもらおうと仕事を手伝わせていました。

そして、フェルディナンドの兄が早死にしてしまったこともあり、

フェルディナンドにかかる期待は大きく、

とにかく父はブリキ細工の技術を学んで欲しいと考えていました。

f:id:kinda_ou:20170108154016j:plain

 

ところが、フェルディナンドは電気に非常に興味があり、

これを勉強したいと考えていました。

これを聞いたフェルディナンドの父は

「ブリキ細工以外のことは考えるな。」

と厳しくあたりました。

 

それでもフェルディナンドは日中の仕事を終えた後、

こっそりと屋根裏部屋で勉強や実験を続けたのでした。

しかし、屋根裏部屋の実験室がある日、父にばれてしまい、

父は怒りにまかせて部屋に押し入ってきました。

この時に父はバッテリーを踏みつぶし、

中に入っていた硫酸で足を負傷。

父の怒りは増すばかりでした。

 

一方、母はフェルディナンドが厳しい日中の仕事を終えた後、

熱心に電気について勉強、実験する姿を見ていたので、

父を説得して電気が学べるウィーンの学校へ行けるように

口添えをしてくれました。

ですが、元々ブリキ職人以外の道を理解せず、硫酸で怪我までしてしまった父の許しは得られませんでした。

 

しかしながら、勉強がしたいという強い願いと、ブリキ細工に関わることも学べるということで、

仕事をしながらの工業高校の夜間部への通学には許可を得られたのでした。

 

その後もフェルディナンドは、

もちろん電気についての勉強は辞めず、

ついには発電施設を作り上げ、

当時まだまだ普及していなかった電灯を自宅に灯したのでした。

電灯を灯した家は街でも1番か2番かといわれていたそうです。

 

これにはさすがの父も認めざるを得なかったようで、

ついにウィーンにある電気機器会社ベラ・エッガー(Béla Egger、現在電気シェーバーで有名なBRAUN)

での就職を許したのでした。

 

ウィーンへ上京

1894年、18歳になったフェルディナンドはベラ・エッガーで働くことになっても、向学心は衰えません。

仕事をする傍らウィーン大学工学部に聴講生(授業は受けられるが、単位は得られない)

として授業に参加していました。

この頃から自動車技術への関心を持ち始めて、

1897年 22歳の時、モーターに関して特許を申請しました。

翌年の1898年、ベラ・エッガーでアイデアマンとしてスピード出世していたフェルディナンドのところに転機が訪れます。

 

電気自動車
『ローナー・ポルシェ』

ベラ・エッガーで検査室長を任せられていたフェルディナンドのところへ電気自動車用モーターの修理依頼が入ります。

ローナー社からの依頼でした。

 

ヤコブ・ローナー・アンド・カンパニー(Jakob Lohner & Company)

はオーストリア王室御用達の高級馬車メーカーでしたが、

時代の変化を感じ馬車から電気自動車の開発を1896年からはじめた会社でした。

 

当時ガソリンエンジン自動車は騒音が大きかった為、王室や富裕層が乗りつけるには不向きだったので、馬車と同等の静粛性を持つ電気自動車が最適と考えた為です。

 

このローナー社からの電気自動車モーターの修理をきっかけにフェルディナンドは引き抜かれます。

ローナーに移ったフェルディナンドは車輪の内側にモーターを組み込み、駆動させる電気自動車を考案しました。

 

この方法はインホイールモーターといって現在でも『ホンダ FCV』といった電気自動車やハイブリッドカーで採用されたり試作検討されたりしています。

 

そして完成したのが下の写真

ローナー・ポルシェです。

Lohner-Porsche Mixte Voiturette 1900 wallpapers

出典:http://www.favcars.com/

 

この車は現在もウィーンの

産業技術博物館(TechnischesMuseum Wien)

に実車が展示されています。

 

定格 1.8kW(2.5 馬力)

定格での速度は 35km/h

最高速度は50km/h

1回の充電で50kmほど航続可能だったそうです。

 

フェルディナンドはこの電気自動車を改造し、レースで飛躍的な新記録を打ち立てたり、4輪駆動の4人乗りバージョンを加えたりもしました。

Lohner Porsche

出典:Wikipedia

 

 ハイブリッドカー(e-POWER?)
『ローナーポルシェ ミクステ』

電気自動車はバッテリーが重いので坂道に弱く、バッテリーの蓄電がなくなってしまえば走行不能となってしまうため、

航続距離を伸ばすにはさらにバッテリーを搭載し、どんどん重くなってしまうという問題がありました。

この問題点を改良しようとフェルディナンドが考えたのが

  • バッテリーの数を減らし、軽量化。
  • そのバッテリーが無くなったスペースにエンジンと発電機を搭載する。

というものでした。

エンジンは常時稼働させ、発電機を回し、

走行用の電力と充電用の電力を確保。

 

そして1901年、フェルディナンドが26歳の時に完成したのが

ゼンパービバ(Semper Vivus)

という車でした。

写真はポルシェ博物館が2011年に1901年当時の資料や図面を元に復元したものです。

Images of Lohner-Porsche Semper Vivus 1900–06

出典http://www.favcars.com/

 

エンジンによって発電機で得た電力は走行用のインホイールモーターに接続され、

余剰電力はバッテリーに充電される方式でした。

発電機はスイッチによってエンジンスターターにも使用可能でした。

 

これって、つい最近日産がノートに搭載して話題になった

e-POWERとほぼ同じです。

 

www.nissan.co.jp

 

細かい制御やエンジンストップなど違いはあるのでしょうけど、基本的な構造は同じです。

ちなみに、

ゼンパービバ開発されたのは115年以上前

 

ニッサンのHPに書いてある

世界に先駆ける日産の電気自動車技術が、またひとつ次世代のエコカーを発明しました。

という宣伝文句がなんだか霞んで見えます。

 

フェルディナンドは 1902年から兵役につきましたが、

その際はローナーのミクステ(ハイブリッド車)にオーストリア皇太子を載せて運転手を務めたといわれています。

 

メルセデス・ミクステ

フェルディナンドが開発した電気自動車およびハイブリッド自動車に関するローナー社所有の特許が1906年にダイムラー社に譲渡されました。

ダイムラー社はローナー社から部品供給を受けて『メルセデス・ミクステ』

という車を開発、製造しました。

前輪駆動が中心だったローナー社のミクステに比べて後輪駆動車が中心で、

ビール運搬車、ごみ収集車などの都市で使用するトラックやバス、ワゴン車や消防車に採用されました。

 

カーマニアだった総統閣下

それから30年程お話を飛ばします。

フェルディナンドはドイツのシュトゥットガルトにポルシェ事務所(Dr. Ing. h.c. F. Porsche GmbH)を設立しており、

自動車事業についてのコンサルタントや設計の外注を受ける仕事をしていました。

 

その後、ナチス政権下のドイツで

アドルフ・ヒトラーから依頼を受け、

フォルクスワーゲン

(日本語で『国民の車』)の開発をはじめます。

※フォルクスワーゲンについてはまた、次回以降にお話する事に致します。

 

ヒトラーは実をいうと、熱心な自動車マニアでした。

f:id:kinda_ou:20170108164657j:plain

なので、フェルディナンドのことを

「ポルシェ博士」と敬愛しており、

側近であっても「マイン・フューラー(総統閣下)」

というかしこまった呼び方をするなか、

フェルディナンドだけは

「ヘル・ヒトラー(ヒトラーさん)」

と気軽に呼べるほど親密な関係を築いていた様です。

気の短いことで知られるヒトラーですから、さぞ周りにいた側近や親衛隊はひやひやしたでしょうね。

 

着々と進められたフォルクスワーゲン計画でしたが、

第二次世界大戦が始まると、計画はストップされました。

途中まで進められていたフォルクスワーゲンの製造は

軍事用車両にスイッチされ、

ヒトラーからフェルディナンドへの依頼も

戦車へとスイッチされました。

 

戦車にも採用された
ハイブリッドシステム

レオパルト VK-3001(P)

フェルディナンドは早速開発をはじめ、

新型のサスペンションシステムを搭載した

1号特殊車両「レオパルト VK-3001(P)」を製作、実験を繰り返していました。

しかしレオパルト には最後まで砲台が載せられず、計画もそのまま破棄されてしまいました。

 

ポルシェ ティーガー VK4501 (P)

そして、次に依頼を受けたのが

『重戦車ティーガー(タイガー)』の設計でした。

ティーガーの設計はディーゼルエンジンで有名だった

ヘンシェル(Henschel)社 にも依頼され、

ポルシェ社との競作(コンペ)になりました。

 

フェルディナンドの考案したティーガー戦車は当時のドイツ製戦車の弱点であったトランスミッションを改良するのではなく、

「いっそトランスミッションを無くしてしまえ。」

という発想で生まれたものでした。

 

そこでモーターを動力とすれば制御が容易になり、トランスミッションが不要という考えで、

ガソリンエンジン2基によって発電機を回し、その電力でモーターを駆動させる

ゼンパービバと同じ方式のハイパワー版ハイブリッド車でした。

Tiger(P)

 出典:Wikipedia

 

写真のように普通私たちが想像する戦車よりも砲塔が前寄りになっていますよね。

これはエンジン2基掛けに加えて、発電機、モーターといった動力を後ろ半分にまとめた為車体の後ろ半分が非常に重たくなってしまった為、砲塔を前寄りに装備してバランスをとっているのです。

ヒトラーと国家元帥にもなったヘルマン・ゲーリングはフェルディナンドのことをひいきにしていたので、ポルシェ ティーガーが採用されると思われましたが、

  • 空冷エンジンであった為、発熱が解決できない
  • 信地旋回(キャタピラーを片方だけ動かしての転回)ができない
  • モーターを造るには砲弾などで需要が高かった銅を大量に消費するので量産できない

といった問題を抱えたまま、

ヒトラーが見守る中比較テストが実施され、

結果的にポルシェ ティーガーは

不採用。

 

でもフェルディナンドは採用されることを確信していたので

もう生産開始してた。

 

発注を受けていたクルップ社には90台の試作車両が完成し、

100台分の装甲板が納入済み。

たぶん、これにはヒトラーも焚きつけていたのでしょう。

もったいないので改良を加えて実戦投入しました。

その名も

ティーガー(P)戦車駆逐車 フェルディナンド

でした。

 

エレファント 重駆逐戦車(ティーガー(P)戦車駆逐車 フェルディナンド)

Elefant USAOM-01

  出典:Wikipedia

 

ティーガー(P)戦車駆逐車フェルディナンドは後に改良が加えられ

『エレファント 重駆逐戦車』と名前を変更しています。

発熱が問題だった空冷エンジンはマイバッハ製の水冷エンジンに積みかえられていましたが、左右2基掛けモーターの同調をとることは難しく、

  • まっすぐ走らない。

 

また、モーターがノイズを発生させるため、

  • 無線の感度が非常に悪い。

 

といった問題は抱えたままでした。

しかしながらソ連との戦いでは対戦車駆逐車として大活躍し、

ドイツの駆逐車=フェルディナンド

という代名詞になってしまうほどの衝撃を与えたのでした。

 

超重戦車 マウス

と、まぁフェルディナンドは戦車となると失敗ばかりでした。

でも、ヒトラーはよほど『ポルシェ博士』が好きだったんでしょう。

「主砲も装甲も当時の技術で100t級の超重量級戦車を作る!」

これをフェルディナンドに依頼します。

当時最大とされた戦車は70t級でしたが、

ヒトラーは100tどころか120t級が必要であると考えていました。

ここでもまた2社による競作(コンペ)になりました。

 

今度はポルシェ ティーガーを試作していたクルップ社とポルシェ社の競争です。

今度の戦車はフェルディナンドがこれまで作った戦車の集大成のような戦車でした。

  • サスペンションにはレオパルト VK-3001(P)で開発した新型サスペンション、縦置き型トーションバーを採用。
  • 動力はやはりエンジンで発電機を回し、モーターで駆動。ダイムラー・ベンツ製航空機用水冷エンジンを採用して放熱とパワー不足を改善。

フェルディナンドはこの図面をクルップ社よりも早く提出し、ヒトラーを大変喜ばせました。

ヒトラーは更にリクエストを加えた上で、

ほぼポルシェに内定を出します。

リクエストは以下のような内容でした。

  • 下部車体の装甲を100mm、
  • 主砲を37口径15cm砲(砲身長(15x37)555cm)もしくは70口径10.5cm砲(砲身長(10.5x70)735cm)にする

※拳銃と違って口径は砲身長を求める数値になります。

 

そして、またヒトラーの前で比較テストされ、

ポルシェに軍配が上がりました。 

 更にヒトラーからのリクエストが加わり、

  • 主砲に12.8cm砲と7.5cm砲を同軸装備する

 

そして遂に完成したのが

『超重戦車 マウス』です。

ナチス軍としては銅の資源不足が解決できていなかった為、製造を反対する声も上がった様です。

Metro-maus1

出典:Wikipedia

 

この巨大な戦車に似つかわしくない

「マウス」

という名前は開発の当初

「マンムート(Mammut、日本語でマンモス)」

という名前でしたが情報漏洩した際に計画がバレバレになってしまうので、

「マウス」という重量級が想像もつかない名前にしたようです。

 

マウスは150台分の生産が進められましたが、

次々に変更が加えられ、どんどん作業が遅れたため、

実際に戦車として完成したものは

試作1号車と試作2号車の2台だけです。

 

そのうち試作2号車は侵攻するソ連の赤軍を迎え打つために出撃しましたが、

動力に不具合が発生。

更にガス欠となってしまい、身動きが取れなくなってしまいました。

 

そして敵からの鹵獲(ろかく)を防ぐために

その場で爆破処理されてしまいました。

 

しかし、爆破処理の努力もむなしく、

試作2号車は砲塔が使えるという事で鹵獲されてしまいます。

試作1号車の方も試験場ほぼ無傷で放置された状態で鹵獲。

 

マウスはモスクワへ輸送され、そのまま終戦を迎えました。

 

まだまだあります

以上がポルシェ博士とハイブリッドカーについてのお話でした。

いかがでしたでしょうか?

まだまだポルシェ博士にはレースカーの製作や

フォルクスワーゲンの開発裏話

などお話がたくさんあります。

今後アップしていきますので、是非読んでみて下さいね。

 

そうそう、ポルシェの最新ハイブリッドカーといえばPorsche 918 Spyderですよね。

カッコいいのでリンクを貼っておきますw

www.youtube.com

 

f:id:kinda_ou:20170108170300j:plain

 

【関連記事】

www.xn--u9j447x39aexi.com

www.xn--u9j447x39aexi.com

www.xn--u9j447x39aexi.com

www.xn--u9j447x39aexi.com

www.xn--u9j447x39aexi.com