くるくる!クルマ業界裏話

クルマに関する裏話やお役立ち情報のブログです

希望ナンバーは盗まれやすい裏話

今回も引き続きナンバープレートのお話を致しましょう。

せっかく取得した希望ナンバープレート、最も気をつけていただきたいのが『盗難』です。実は年間約22,000件ものナンバープレート盗難が発生していて、あなたのナンバープレートも狙われている可能性は十分にあります。

もちろん希望ナンバー抽選に落ちた人が盗みに来るわけではありません。

ちなみ一番ナンバープレートの盗難被害が多いのは大阪府です、全国の約20%だそうです。盗む奴が一番悪いのですが、しっかり防止して汚名返上を目指しましょう。

f:id:kinda_ou:20161013180446j:plain

>>車買い替えの時『下取り』で損してない? 

 

なぜナンバープレートが盗まれるのか?

ナンバープレートを盗んだ犯人はナンバープレートを一体どうしようと考えているのでしょうか?

大半が盗難車に付け替えられたり、麻薬や覚せい剤の密売、強盗や誘拐など凶悪犯罪の二次犯罪の車として使用されているようです。

他には嫌がらせやイタズラ、中には会社の営業車のナンバープレートを盗んで営業妨害をするなんて例もあるようです。

盗まれやすいナンバープレートとは?

実はナンバープレートの中には盗まれやすいナンバープレートがあります。まずは取り外ししやすいナンバープレートです。普通自動車の場合後ろ側には『封印』がというものがされており、ネジの上にカバーが付いています。なので、このカバーを破壊しないとネジの頭が出てこない為、取り外すのに時間がかかります。

しかし、普通自動車の前側、軽自動車、二輪車にはこの封印が付いていませんので、基本プラスドライバー1本を持っていれば簡単に素早く取り外せてしまいます。

前側だけ盗んでどうするの?

私も実は過去にナンバープレート盗難被害にあったことがあります。普通自動車の前側だけでした。

「普通車の前側だけ盗んでも、前後のプレートが違っていれば怪しいからすぐにバレるんじゃないの?バカなの?」

と思った人も多いでしょう。

でも犯人はそのまま盗んだナンバーを使うわけではないのです。なんとナンバーを切り取り、他のナンバーと合体させて新しいナンバーを作り出してしまうのです。

恐ろしいことに、うまくやれば登録車種とナンバーを一致させてしまうことも可能です。犯人はこうして別の犯罪から逃走するためにナンバーを作り出すのです。

そこで、また盗まれやすいナンバープレートが『加工しやすいナンバープレート』です。希望ナンバーで多い3桁以下のバンバープレートは数字の書かれていない部分は『・』になっていますよね?この『・』の部分はベースとして自由度が高いので犯人にとって好都合です。また、0は上から加工してくっつけるのに好都合です。

なので、『・』と『0』の入ったナンバープレートは比較的盗まれやすいです。私の盗まれたナンバープレートは『0』が入っていました。

f:id:kinda_ou:20161013180455j:plain

盗まれると非常に面倒な手続きと再交付費用が必要

ナンバープレートが盗まれると非常に面倒ですが、迅速に手続きを済ませましょう。なぜならあなたに犯罪の濡れ衣が着せれれてしまうかもしれないからです。

まずは警察に届けて下さい。 盗難届の申請、事情聴取などをした後に被害受理番号を受け取ります。

その後、ナンバープレート再取得する必要があります。ただし、盗まれたナンバープレートと同じナンバーではありません。私のように前側だけ盗まれた場合でもナンバーが変わるので前後とも新しい物になります。

どうしても同じナンバーにしたい場合は希望ナンバーで申請しますが、上部の小さい数字やひらがなを同じものにすることはできません。

しばらく車を使わないのであればディーラーや車の購入店などにお願いして再取得してもらうことは可能です。だいたい3~4日の日数と数万円の出費になります。

すぐに車を使用したい。出費も抑えたいという人は自分で手続きを進めましょう。

普通自動車の場合、新しいナンバーには新たに封印をする必要があるのですが、これには車を陸運局まで持って行って、職員の方に取り付けてもらう必要があります。

もちろんナンバーが付いていない車を乗って行くわけには行きません。トラックに積んで持っていくか、『仮ナンバー』を申請して乗っていく必要があります。

仮ナンバーは市区町村市役所で借りることが出来ます。費用は少々異なることもありますが、750円というところが多いようです。

有効期間は1~3日で車を移動させる経路を記入する必要があります。申請した場所への移動できません。仮ナンバーの申請をするには、車を移動させる前日もしくは当日にしか申請することができないので注意してください。

仮ナンバーが借りられたら、車に取り付けて陸運局へ車を乗っていきます。車検証、被害受理番号が必要なので忘れないようにしましょう。理由書、申請書を陸運局で記入して再交付の申請をします。その後ナンバーを受け取り、車への取り付け、封印をしてもらいます。発行手数料は2000円前後です。

やれやれと思ったのもつかの間、仮ナンバーを返却しに行かなくてはなりません。再び市区町村市役所へ行き、返却してください。

ナンバープレートを盗まれないようにするには?

このようにナンバープレートを盗まれてしまうと、手間、時間、お金がかかってしまうので、しっかり防止しましょう。

ナンバープレートを守るのに一番簡単で有効なのはネジの交換です。基本的にナンバープレートはプラスネジでとめられているので、短時間に作業を済ませたい犯人は工具が合わなければ他のターゲットを探します。

特殊な工具が必要なネジであればより効果があります。

f:id:kinda_ou:20161013180503j:plain

ナンバープレート用の特殊ねじはカー用品店、ホームセンター、ネット通販店などで簡単にてに入り、取り付けも簡単なので是非取り付けてみてください。錆びにくく、潰されにくいステンレス製のものがオススメです。

 

>ナンバープレート用ボルト ピン・トルクスサラステンレス(シルバー) 3本 + 工具付セット

価格:1,469円
(2017/2/13 10:56時点)

東京や大阪など盗難発生率の高い地域では稀にショッピングモールなどで行われる自治体イベントで無料で取り付けをやっている場合もあるのでこういった機会があれば是非取り付けてもらいましょう。

 

【関連記事】

u-carsales.hatenablog.com

 

u-carsales.hatenablog.com