くるくる!クルマ業界裏話

クルマに関する裏話をコソーリ教えるブログです


▲車検証、保険証券をお手元にご用意下さい▲

 

 

高速道路でETCレーンを間違えた、出口を間違えた時の裏話

海や山といった夏の行楽やお盆の帰省など、夏になると高速道路を使うことが多くなってくると思います。そこで、今回は高速道路で使える裏技をいくつかご紹介していきたいと思います。

 

f:id:kinda_ou:20161013205203j:plain

ETC車載機がついているのに一般レーンにならんでしまったとき

普段乗り慣れない高速道路に乗り、やってしまいがちなのがこのレーンの並び間違いでしょう。

たとえ間違って並んでいることに気付いても、慌てて他のレーンに移ろうとしたり、バックして並びなおそうなんてことは絶対にしないでください。あなたが思う以上に、高速道路ではそういう行為は非常に危険で大事故になりかねません。

たとえ間違っていても何も慌てる必要はないのです。

そのまま一般レーンを進みましょう。

 

自動発券機があるところなら通行券を受け取ります。通行権を受け取ったら、そのまま目的地の出口まで走っていき、出口で係員さんのいる一般レーンかETC/一般兼用レーンに入ります。そこで、「ETC車載機を取り付けてあるのですが、一般レーンに間違って入りました。」と係員さんに伝え、通行券とETCカードを一緒に渡しましょう。

そうすれば、きちんとETC料金に割引され、ETCカードで料金は支払われます。『車載機はついていることは、はっきりと伝えましょう。

そうしないと割引が受けられません。

 

入口、もしくは中継ゲートで係員さんのいる一般レーンに並んでしまった場合はその場で「ETC車載機を取り付けてあるのですが、間違って並びました。」と係員さんに伝えましょう。そうすれば何の問題もなく、ETC料金での金額、ETCカードでの支払いとなります。出口での方法は「出口はカードを挿入して出てください」など支持されますので指示通りにしてください。

 

私はたまに中型の車積載トラックに車を載せて運転しますが、高速道路でのブレーキは本当に効きが悪いです。急ブレーキをしても止まれないと思います。ましてや大型のトラックやトレーラーなんてもっと止まれないと思います。

一般道でちょっと急ブレーキをかけた程度でも後ろのトラックからクラクションを派手に鳴らされた経験がある方もいるのではないでしょうか?そのとき、あなたは「なんでこのくらいのことでそんなに怒る必要があるんだ!?」と腹を立てたかもしれません。しかし、そのトラックの運転手は「追突するかもっ!!」と、とても怖い思いをしたに違いありません。

 

 ですから、ETCをつけているのに間違えて一般レーンに並んでしまったことに気付いても、慌てず、レーン移動をしたり、バックしたりせず、安心してそのまま一般レーンを進んでください。

 

 ところで最近はETCが普及して一般レーンの方が空いていますよね・・・?

(いえ、独り言ですよ)

 

高速道路の降り口を間違えてしまった場合

特に目的地に東西南北がついていて「○○インターと○○西インターと間違えて降りてしまったー!」なんて経験ないでしょうか?

こんな時あなたならどうしますか?あきらめて一度お金を支払いもう一度乗りなおすか、残りの道を一般道で進みますか?それともバック・・・

バックだけは絶対にしないでください!

高速道路の出口前は減速させるために大体カーブになっています。見通しが悪いので事故になる可能性が非常に高いです。

 

では、どうするのか?

 

Uターンしましょう。

 

驚きましたか?w

実はUターンして戻ることができるのです。ですが、きちんと手順がありますから、手順を守ってUターンしてくださいね。

まずは出口の料金所まで進みます。一般レーン、ETC/一般レーンに入りましょう。そして係員さんに出口を間違えたことを伝えてください。そうすれば係員さんがUターンできるように誘導してくれます。

係員さんのいない自動支払機にはインターホンが設置されていると思いますので、インターホンで係員さんを呼びましょう。

 

これであなたは高速料金も損をせず、安全に元の道に戻ることができるのです。

 

ETCを利用して、紙の領収証がほしい時

ETCは自動精算なので当然その場では領収証は発行されません。実はETC利用紹介サービス(www.etc-user.jp)というのがあって、ナンバープレートとETCカードの番号を入力すれば照会、印刷できるサイトがあります。ただし、繁栄にはすこし時間がかかります。でも都合によってその日に領収証がほしい場合がありますよね。

そんな時に即日発行してもらえる方法をお教えしましょう。

まず、入口が自動発券の場合はETCレーンを通って高速道路に入りましょう。そして、出口、もしくは中継点では一般レーン、ETC/一般兼用に並びます。係員さんに「ETC車載機はついていますが領収書がほしいので」とETCカードを渡します。

そうすれば、ちゃんと割引料金で紙の領収書が発行されます。

入口に係員さんのいるゲートも同じです。この場合は入口でETC車載機が付いていることと、領収証がほしいことを伝え、ETCカードをわたしましょう。

ここで注意してほしいのが『車載機はついている』ことははっきりと伝えることです。そうしないとETC割引が受けられません。

※ただし、阪神高速など出口での自動割引システムを採用している場合は割引が受けられなくなります。わからない場合は事前に高速道路を運営している会社に問い合わせて下さい。

 

お出かけ前にはしっかり情報をとって余裕のある安全なドライブにしましょう。