くるくる!クルマ業界裏話

クルマに関する裏話やお役立ち情報のブログです

オートクルーズは後から追加装備OKの裏話

最近の車は電子制御がたくさんついています。

ハンドル、アクセル、ブレーキなど私達が直接動かしているように思っていても、間でコンピュータが手伝ってくれています。

 

特に低燃費競争が年々激しくなってきていますから、各メーカーは力を入れて開発しているのはアクセル操作制御です。

アクセルの操作ひとつで燃費に大きく影響するからですね。

 

私達がアクセルを踏んだ時にエンジン側では電子スロットルという部品がコンピューターの命令を一度受けてから操作しています。

アクセルを急激に踏み込んだとしても、アクセルはただのスイッチですから

電子スロットルはちょっとおさえ気味にジワッと反応させるようにしたりします。

 クルマにとって急加速、急ブレーキは燃費悪化の原因だからです。

 

今回はこの電子スロットルとうまく付き合える機能と部品をお教えします。

>>車買い替えの時『下取り』で損してない?

 

スロットルコントローラー

標準の電子制御は燃費という点ではとても良いのですが、「想いのままに」クルマを操作したいという人はちょっとわずらわしい存在かもしれません。

 

そこで、この電子スロットルの反応を操作できる部品があります。

その名も『スロットルコントローラー』という部品です。

略して『スロコン』と呼ぶ人も多いです。

PIVOT(ピボット)というメーカーの商品が有名です。

 

>スロコン スロットルコントローラーPIVOT(ピボット) 3DRIVE COMPACT THC 車種別ハーネスセット

価格:13,800円
(2017/2/13 11:19時点)

 

 

スロットルコントローラーは電子スロットルの反応を段階設定、操作できるものです。

 

例えば通常アクセル全開を100%とすると、

アクセルを50%開けた時にはエンジン側では40%開度になっていたりします。

※あくまで例です、車種によって設定は違います。

 

そこにコントローラーを付けて自分の思い通りに開度を段階的に調整できるようにする部品です。

 

スポーツモードなら50%アクセルを踏み込んだら

エンジン側もアクセル開度50%にしたり、60%にしたり設定できるようになります。

体感的にエンジンの反応が操作に対して良くなったと感じるはずです。

 

また逆にエコモードなら逆50%アクセルを踏み込んでいても30%とか20%とか更にジワッとエンジンの反応を遅くすることも出来ます。

 

これによってもっと燃費走行を有利にしたり、少々ラフなアクセル操作になっても紳士的な発進をできるようになります。

 

 

クルーズコントローラー

クルーズコントロールは電子スロットルならではの機能です。

『クルコン』と略して呼ぶ人もいます。

車に標準装備されている多くは

『オートクルーズ』と呼んでいます。

高級車や上位グレードのクルマに装備されていることが多いです。

 

高速道路などでアクセル操作を出来るだけ減らし、一定スピードで走り続けると燃費はとても良くなります。

クルーズコントロールはこういった操作をコンピュータ制御でするものです。

 

例えば、80km/hまで加速するとします。

そこで、クルーズコントロールのスイッチを入れて80km/hを設定します。すると、

アクセルから足を離してもクルマは減速することなく80km/hで走り続けます。

 

上り坂になると回転数を上げ、下り坂になると逆に下げてスピードを80km/hになるようにコンピューターがアクセル操作をしてくれます。

 

ブレーキやアクセルの操作を行うとクルーズコントロールはキャンセルとなり、通常の操作となります。(設定によっては加速後、またクルーズコントロールに戻るものもあります。)

 

クルーズコントロールは高速道路を使ったロングドライブでは本当に快適です。

一度使うとヤミツキになりますよ。

 

先のPIVOT製スロットルコントローラーにはオートクルーズ機能を追加したものもあります。

 

>スロコン スロットルコントーラーオートクルーズPIVOT(ピボット) 3DRIVE THA AC車種別専用ハーネスブレーキハーネスレバースペーサー付

価格:16,901円
(2017/2/13 11:15時点)

 

 ただ、社外品なので本体やボタンの取り付け位置などに悩む事も多いです。

 

 

純正はスイッチレバーを装着すれば機能する

クルーズコントローラーはプリウスやアルファードなどの多くの国産車には、価格の高いグレードにしか標準装備されていません。

 

しかし、実は

 

クルーズコントロールの機能はちゃんとあるんです。

 

標準装備されていないグレードでも、追加装備できるキットが発売されています。

これを装着すればなんとクルーズコントロールの機能が使えちゃうんです。

 

スイッチも本来装着される場所に取り付けできるので、きれいですし、使いやすいです。

楽天やAmazonなどのショッピングサイトで『自分の乗っている車種 + クルーズコントロールキット』で検索してみて下さい。

>【送料無料】トヨタ プリウス ZVW30 対応 オートクルーズコントロール 前期 後期対応 【カー用品】

価格:6,000円
(2017/2/13 11:23時点)

 

取り付けは自信がなければ専門店、整備工場で

スロットルコントローラー、クルーズコントローラーどちらにしても車種ごとに専用配線が設定されており、取り付け自体は難しいものではありませんが、コンピュータの位置や配線の処理など調べたり、ちょっとした工夫やコツがあります。

 

また、アクセルというクルマにとって重要な要素を担う部品ですから万が一にでも間違いがあっては行けません。

少しでも自信がないなと感じたら、クルマ用品店や自動車整備工場にお願いするのが無難でしょう。