読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるくる!クルマ業界裏話

クルマに関する裏話をコソーリ教えるブログです

 

12ヶ月法定点検を受けないとどうなるか

f:id:kinda_ou:20161013205656j:plain

12ヶ月法定点検って何?

 

ディーラーやクルマ屋さんから届くハガキ

『12ヶ月法定点検』

これって車検と何が違うの?

と不満に思いつつ、言われた通りにクルマを点検に出していませんか?

 

でも「別に法定点検なんて出さなくてもいいよ。」

という人がたまにいます。

 ====

 

簡単に説明させてもらうと

車検は陸運局や指定工場で検査、整備を行うもので、有効期間が決められており乗用車なら初回から3年、2回目以降は2年に1度車検を受けなければなりません。

車検の期限が切れていると交通違反となります。

窓に貼られた四角いステッカーで有効期限が一目瞭然です。

 

一方、法定点検は

自動車の使用者が行わなければならない点検です。

 

つまり、誰がしてもいいから点検をしなさいという事です。

責任は使用者にありますよってことです。

(車検証には使用者という欄があり、名前が書かれています。)

 

車検場や指定工場へもっていく必要はないし、自分でする事だって可能です。

法定点検を行っていれば窓に貼られた丸いステッカーの期限が切れていても交通違反に疑われることもありません。

 

注意点があります

 

じゃあ、費用がかかるから自分でやろう!

と思ったあなた。

 

ちゃんと点検できる自信はありますか?

 

クルマは命を乗せて走るものです。

新車であっても初期不良は結構あるもんです。

新車だから、クルマがあたらしいめだからという過信は禁物です。

 

それから、保証付きのクルマを購入した場合も特に注意が必要です。

新車で購入した場合やお店独自の修理保証などがついている場合は保証契約の中に「法定点検を必ず受けること」となっていたり、「当店、もしくは当店指定の工場で法定点検を受けること」という旨の内容が書かれていることが多いです。

 

保証の契約書は文字が多くて読みづらいですが、きちんと確認しておきましょう。

 

オイル、冷却水の交換

オイル交換や冷却水の交換をしないで、そのままでもクルマが直ちに止まってしまうような事はありません。

 

しかし

 

だからこそ、忘れがちなんです。

忘れてそのままにしておくと、あなたのクルマはオーバーヒートやエンジン内の焼け付きを起こして止まってしまうこともあります。

 

定期点検を期にチェックや交換をすることも多いので、マメに点検ができない人は整備工場に管理をまかせている方が結果的に高い修理代を払う事にならないので経済的でしょう。

 

まとめ

 

法定点検は

・クルマに詳しくない人

・新車でクルマを買った人

・保証付きのクルマを買った人

・マメに消耗品をチェックしない人

 

は購入した店舗に相談して指示通りの方法で法定点検を受けましょう。

 

その他の人は自己責任でしっかり点検、整備を行いましょう。

クルマは動かしていても動かさずに停めているだけでもゴムや金属が劣化してトラブルは発生します。

 

過信は禁物です。

 

【関連記事】

www.xn--u9j447x39aexi.com